交通事故

交通事故の被害に遭われた場合、加害者側はすぐに保険会社が味方につきますが、被害者側には相談できる相手がいないという事がよくあります。そのような時に我々がみなさまの相談役になれれば幸いです。

人物イラスト

交通事故でお悩みがある方

  • 保険会社との交渉に
    振り回されている
  • 保険会社が提示してきた
    金額に納得がいかない
  • 治療費の打ち切りの
    連絡がきた
  • 過失割合や後遺症等級認定
    に納得できない

交通事故に遭われた場合、事故後のなるべく早い段階で弁護士にご相談されることをお勧めします。
示談をする段階で弁護士に相談しても遅いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが弁護士にご相談いただく事により、事故後の適切な対応や、通院方法、後遺症が残ってしまった場合の等級認定に関するアドバイスなどをすることも可能となります。
また、弁護士に委任する事で保険会社との交渉を任すことができ、治療に専念することができます。

人物イラスト

交通事故問題を弁護士に依頼するメリット

損額額・慰謝料が大幅に上る可能性があります

交通事故に遭った場合、損害賠償請求を行うことは、被害者としての当然の権利ですが、本来賠償されるべき金額を全額支払ってもらえるかというと、そうでない場合が多いのが現状です。保険会社の提示額に対して一時的にはご納得されるかもしれませんが、本来賠償されるべき金額より低かった場合、後悔することとなります。示談に応じる前に一度、我々にご相談されることをお勧めいたします。

直接、示談交渉行う精神的ストレスから解放される

交通事故被害者は、身体的・精神的に大きな負担を負っている中、示談交渉まで自分でしないといけないとなると、多大なストレスがかかってしまいます。
弁護士に示談交渉を一任することにより、ストレスからも開放され、治療がある場合は専念することが出来ます。

自動車保険の弁護士費用特約が利用できる

自動車保険に加入しているとオプションで弁護士費用特約をつけておられる場合があります。交通事故などで弁護士が必要になった場合、限度額まで保険会社が弁護士の費用を負担してくれるので、事案によっては依頼者の負担がない場合があります。