離婚・男女問題

離婚するためには、親権や養育費・財産分与、慰謝料、年金分割など決めなければならないことが多数あります。不利な条件で話がまとまったり、心労を軽減するためにも我々が必要に応じてサポートさせていただきます。

人物イラスト

離婚でお悩みがある方

  • 離婚を考えているが
    どうすればいいか分からない
  • 配偶者が
    離婚に応じてくれない
  • 親権を
    譲りたくない
  • 不貞行為に対して
    慰謝料を支払ってもらいたい

このような悩みはありませんか?
結婚するときは仲睦まじく、協力しあって話を進めてることが出来ましたが離婚となると、結婚の10倍以上の労力が必要と言われています。また、双方に知識がないため、後々に不利となる条件での話し合いになる可能性もあります。
相手との交渉を弁護士に依頼をしていただくことにより、心理的負担への軽減へ繋がり、早期解決への道筋が見えます。

人物イラスト

離婚・男女問題を弁護士に依頼するメリット

弁護士が代わりに交渉を行う

当事者同士の話合いで進めるとお互いが感情的になってしまい、冷静な判断ができず、相手と話し合うこと自体にストレスを感じてしまいます。また、離婚の原因となった理由が男女問題などの不貞行為などであれば、さらに感情面での対立が邪魔をしてしまいます。
弁護士に依頼をすれば相手方と直接交渉を行う必要はありません。

養育費や親権の交渉も可能

弁護士以外にも法律の専門家として司法書士などがいますが、法律では司法書士は140万円以下の慰謝料請求に限られ、養育費や親権についての交渉を代行することはできません。ですので、弁護士にご依頼いただくとお子さまについての問題もお任せ頂けます。

離婚後に起こりえるトラブルを未然に防ぐ

離婚成立後には、「慰謝料や養育費が支払ってもらえない」などの問題がよくあります。
慰謝料や養育費と言った、相手に支払義務があるものに関しては、法的な書面を残すことによって差押えなどの強制的な手段を用いることも可能となります。
弁護士にご依頼いただくと、そのような起こりえるリスクに対して、先手を打つことができます。